現代的な睡眠薬とは | 睡眠薬を通販で購入して辛い不眠症を解消しましょう!
menu

現代的な睡眠薬とは

透明なカプセル

「メラトニン受容体作動薬」と呼ばれている睡眠薬があります。
このタイプは基本的に脳内の睡眠に関わるホルモンの働きを正常なものにするように働きかけるホルモンになります。
そういった最新式の睡眠薬というのは一体どういったものなのでしょうか?
自分の中でどういったものこそ睡眠薬として正しいのかということの認識を改めましょう。

先程話題に上がったメラトニンのお話をしていこうと思います。
メラトニンというのは体内時計を調整する働きを持つもので、ホルモンバランスが乱れると睡眠不足になることが多いのはこのメラトニンの働きが正常ではないからです。
メラトニンには感情のバランスをコントロールする効果もあり、上記と同じでホルモンバランスが崩れるとついカッとなってしまうことが多くなってしまいます。
ホルモンバランスが崩れる原因というのは主に体調不良ですが、女性の場合であれば生理の時なんかもそれにあてはまります。
そういったホルモンバランスが崩れるタイミングにだけメラトニン受容体作動薬を飲むような人もいます。

メラトニンの量、働きを正常にすることこそ正しい睡眠の第一歩になります。
ホルモンバランスというのは目に見えないために、自分の中で今どれくらいメラトニンがあるのかということはわかりません。
その代わりメラトニンが不足しているということに際して、それを体調などから判断することが可能です。
よくイライラする時や眠りが浅いと感じる時にだけメラトニン受容体作動薬を服用するというのもかなり賢い睡眠薬の利用方法ではあります。

またホルモンを調整することが薬効のために、基本的に依存性はありません。
むしろホルモンバランスを正常にすることによって、その後の睡眠をサポートしてくれるものになります。
自分の中でそういったメラトニンのバランスというものも意識してみてはいかがでしょうか?