従来の睡眠薬について | 睡眠薬を通販で購入して辛い不眠症を解消しましょう!
menu

従来の睡眠薬について

ハート型の入れ物に入っている錠剤

従来の睡眠薬というのは「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「バルビツール酸系」と言われるものになります。
どういった効果を持つということの前に、それらには依存性があったということを覚えておきましょう。

大脳辺緑系や脳幹網様体と呼ばれる組織に効果を発揮するものなのですが、睡眠というよりはむしろ気絶に近いものだったのです。
つまりその薬効というのはキツすぎたのです。
そんな従来の睡眠薬の一番の欠点は依存性です。
今まで体験していた睡眠よりも確実な眠りと引き換えに、自然な眠気というものを取り去ってしまうようなものだったのです。
しかしそれは裏を返せばメリットでもあります。
どんなに不眠に悩む人であっても、「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「バルビツール酸系」の睡眠薬を服用するだけで簡単に睡眠を手に入れることができるということなのです。

今の心療内科では、極度の不眠に悩む人以外は上記の睡眠薬というのは処方しないのが一般的になります。
通販で睡眠薬を購入する場合も、極限まで不眠で苦しんでいる人以外にはあまりおすすめしないものです。

不眠の厄介な点として、一度癖になってしまうとその症状がしばらく続く、またはぶり返すというものがあります。
そういった不眠のサイクルを断ち切った上で、さらに睡眠薬にも依存しないようなものを選択するということが大切になるのです。
今ではそういった依存性の低いような睡眠薬も開発されているために、できることならそういった効果のキツい睡眠薬には最初は手を出さないことをおすすめします。
もちろん自己判断ですので、最終的には自分の判断に任せるものですが、依存した睡眠薬をやめるということは非常に辛いです。
睡眠薬によって、その後の眠気まで奪い去られてしまっては本末転倒ですからね。